ダイハツ キャスト購入記!キャスト値引きレポート 月の花さん

ウェイク

 

契約日
2016年10月22日
ネーム 年齢 性別
月の花/20代前半/男性
商談地
鹿児島県
購入グレード
キャスト 660X 4WD
メーカー
オプション

シルバールーフレール

ディーラー
オプション
他装備付属品

カーペットマット(高機能タイプ)

シートカバー(本革風)
オプション総額
78,041円
車庫証明
カット
納車費用
計上
車両本体価格
からの値引き額
130,000円
オプションからの
値引き額
721円
無料サービス品名

ガソリン満タンサービス

4,000円

値引き合計額
134,721円
購入総額
(下取り分含まず)
1,363,000円
下取り車
--
下取り車の価格
--
下取り車の売却先
--
値引き交渉レポート!

貯金もある程度貯まって、車を買おうと思いました。前々から輸入車に乗りたいという願望もあったので(でも高い車は買えません)、フォルクスワーゲンのアップという車を狙っていました。これなら予算的にもいけるかなと。


しかし彼女を連れてフォルクスワーゲンのショールームに行くと、彼女がアップはカッコよくないなどと言い出し、購入どころか商談すらさせてもらえなかったのです。


その帰りにたまたま寄ったのが、ダイハツのショールームでした。そこで展示してあったキャストという車に彼女がなんと一目惚れ!私は名前こそ知っていたものの、どんな車かまるで知らなかったのですが、彼女はこれに決まりと一人でおおはしゃぎしているのです。それにかこつけたダイハツのセールスさんも、さらによいしょしてくるんですね。


「もうこれでいいじゃない」


彼女の中ではすでに決まっているようでした。でも買うのは私です。しかもずっと欲しいと思っていたアップを断念して、いきなりキャストにはできません。という心はあったのですが、彼女には言えず。
いつの間にか商談テーブルについて、キャストの見積書が出されていました。
それを見て彼女が言います。


「予算内だね」
それを言ったら、セールスさんも値引きしてくれなくなります。私は首を振りました。


「いやいや、キャストがダメとは言わないけど、いきなり出された見積書見て、これで買いますってならないよ」


「それはそうですよね。ちなみに予算は範囲内なんですよね?」


セールスさんが聞いてきます


「まあ、そうですけど。でも元々はアップを買おうと思っていたので」
「もうアップは諦めなよ」


彼女はいとも簡単に言います。さらにセールスさんにけしかけました。


「もうこの人が買おうってなる値段をずばっと出して上げてくださいよ」


いやいや、出されても買うとは言ってないけど…。でもセールスさんは任せてくださいと、意気込んで、一度事務所のほうに戻っていきました。


「もういい値段が出たら、男らしく買おうね」


こんな高い買い物に男らしいもないと思うのですが、何も言い返せず、情けなく頷きました。
そして戻ってきたセールスさんが出した値引きは…、13万円。予想は超えていました。きっと10万円もいかないだろうと思っていたので。


「本当に頑張ってきました。アップを諦めて、キャストにしてもらうために。通常以上のお値引きです。とてもお得なお買い物になると思います」


彼女はもう決まったかのような、やったねと横で言っています。
私は少し迷いましたが、もうここまできたら引けない、と心を決めました。


「分かりました。買います。キャストでいいです」


なかば投げやりのように言いましたが、彼女とセールスさんはそんなことも意にも介さず、二人喜んでいました。
まあ彼女が喜んでくれているならいいかと思うしかありません。
私にとっても初めての車の購入です。
とりあえず楽しみにしたいと思います。


 

 

こちらも参考に!キャストが安く買える値引き交渉マニュアル!

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2015-2018 ダイハツ キャストを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com